2022年07月16日

HAPPYHAPPYCURRY&お仕事体験/福島大森教室

HAPPYHAPPYCURRY&お仕事体験/福島大森教室 こんにちは。福島大森教室の宍戸です。

本日は、【happyhappycurry】様より、2回目のカレー無償提供をしていただきました。子どもたちは、この日をとても楽しみにしていましたよ。

カレー配達班のお友達が、皆の分のカレーを丁寧に運んできてくれました。

無償で提供していただいたことに感謝しながら、美味しく頂きました!
ご飯を食べた後は、みんなで、happyhappycurry様に、お礼のメッセージを書きましたよ。

「カレーを送っていただきありがとうございます。」
「言葉にできないくらい美味しかったです。」
「美味しかったです。また食べたいです。」

みんな心を込めて、メッセージを書いていました。


HAPPYHAPPYCURRY&お仕事体験/福島大森教室 今日のメインイベントは、【お仕事体験】です。これは、カイエンを元にした活動です。大森教室のお友達は、普段から、クッキングをしている為、料理は慣れている子が多いです。今回は、中華料理を作っていきます。
春巻き班・餃子班・ゼリー&ご飯班・カレー配達班。ここまで決めるのは、普段と同じです。しかし、今日はいつもと違い【お仕事】なのです。

「○○君、ボウル持ってきて~」
「いいね!上手上手!」
「僕が、切るよ!」「私は、包む~」
自分たちで、声を掛け合いながら、協力して作っていきますよ。

餃子は120個、春巻きは30個。1時間かけて、たくさんの量を、みんなで作りました!

「おかわりしていいですか?」「何個食べていいんですか?」と、食欲旺盛の子ども達。自自分たちで作ったり、カレーを配達したり、お仕事をした後のお料理は、とっても美味しいですよね♪

HAPPYHAPPYCURRY&お仕事体験/福島大森教室 みんなで、美味しく頂いた後は、業務報告書を書いて、振り返りをしていきます。

・作業担当者と協力して行えたか
・材料をきちんと準備できたか
・手順通りに進められたか
・途中で仕事を投げ出していないか
・片づけを最後まで行えたか

この5点を1~5まで、自分たちで点数をつけ、感想や反省点を書き、スタッフからのコメントをもらい、振り返りは、終了です。

自分の仕事に責任をもって、料理作りをしていたお友達が、多いような気がします。

これからも料理だけではなく、いろいろな場面で、お仕事の体験をできるように、工夫していきたいと思います。


2022年07月16日

HAPPY HAPPY CURRY☆/福島西中央教室

HAPPY HAPPY CURRY☆/福島西中央教室 みなさんこんにちは!
福島西中央教室の塩谷です!

本日はHAPPY HAPPY CURRY様より、カレー弁当の無償提供がありました!!

今回で2回目のカレー弁当の無償提供、いつもは土曜日の利用がないお子様もたくさん来てくれました!

「カレー」の効果は素晴らしいですね。
この言葉だけで、なんだか一日がとても楽しいものになりそうです!
まるで魔法みたいですね!

HAPPY HAPPY CURRY☆/福島西中央教室 と、その前に運動があります。
今日の運動は「鬼ごっこ」と「転がしドッチボール」です!

走って、逃げて、ボールを転がして、、、とたくさん身体を動かしましたね!
カレー弁当を美味しく食べるためにも、おなかをペコペコにしましょう!!

お昼の時間がやってきました。みんなが待ちに待ったカレー弁当の時間です!
からあげにソーセージ、ゆで卵がはいったボリューム満点のカレー弁当ですね。

しっかりと手を洗って、「いただきます!!」

HAPPY HAPPY CURRY☆/福島西中央教室 味の感想は、、、
「とっても美味しいです!」
「お店のカレーはいつも食べているカレーと違うね!」

あまりにも美味しかったのか、おかわりをする子どもも。
それほど、HAPPY HAPPY CURRY様のカレー弁当はとっても美味しかったのですね!!

さて、カレー弁当を食べてエネルギーを満タンにした後には、本日のお楽しみ「お楽しみチョイス」があります。
今日は、段ボール工作・アイロンビーズ・樹脂粘土から自分がやりたいものを選びます。

学校がお休みの日だからこそできる、長い時間を使っての工作。
みんな自分の思い思いのものをつくっていました。

今日も大満足の1日!
次の活動を楽しみに待っていてください!


2022年07月16日

第12回特別支援教育講演会/株式会社ミライムフォーラム

こんにちは。
株式会社ミライムフォーラムの菅野です。

7月16日に障がい児成長支援協会会長の山内康彦先生をお招きし、福島県青少年会館にて「第12回特別支援教育講演会」を開催いたしました。

前回に引き続き、感染症対策を万全にしながらの開催でしたが、満席に近いほど多くの方々にお越しいただきました。



第12回特別支援教育講演会/株式会社ミライムフォーラム 今回の講演会は3部構成で開催されました。
内容は、
1.『自閉症スペクトラムの子どもの心を読み解き、支援の方法を考える』
  〇子どもの褒め方・叱り方 〇学校との連携の在り方 〇学習と進学の話
2.『これでバッチリ!特別支援が必要な子の夏休みの過ごさせ方』
  〇宿題をやらない子への支援 〇ゲームを止めない子への声掛け 〇オススメの工作
3.『知能検査の有効性とその活かし方』
  〇知能検査とは? 〇結果をどう読み取ってどう活かす? 〇知能指数を伸ばす療育
でした。

発達障害の特性や支援方法はもちろんのこと、山内先生の幼少期の実体験を交じえた貴重なお話をたくさん話していただきました。
参加されている皆さんは、相槌を打ちながら深く聞き入っていました。

講演会後、今回も2日間に渡り個別の療育相談が行われました。
毎回の如く、予約の空き時間はあっという間に埋まりました。
普段の些細な話から進学、就職など、療育に関わるあらゆる話を親身になって聴いて下さり、1人1人に向けて的確なアドバイスをして下さる山内先生。
相談時間は25分と短いのですが、相談終了後の皆さんは晴れやかな表情をされていました。

また、山内先生の講演会は12月にも開催されます。
今回と同じような内容に加えて、時期に合わせた講演内容も用意されますので、たくさんの方々のご参加をお待ちしております。

第12回特別支援教育講演会/株式会社ミライムフォーラム ミライムのスタッフも講演会を拝聴しました。

障がいに関する様々な基礎知識や山内先生の実体験を基にした支援方法、夏休みの過ごさせ方、知能検査の内容や活かし方…

どの話も興味深く、大変勉強になりました。
スタッフにとっても充実した有意義な時間となりました。

今回の講演会で学んだことを来週から早速実践していき、ミライムをより一層良い環境にできるよう精進して参ります。



今後とも、皆様のご理解・ご協力のほどよろしくお願い致します。


2022年07月16日

ポップコーン作り&映画鑑賞会♪/福島八木田教室

ポップコーン作り&映画鑑賞会♪/福島八木田教室 こんにちは!福島八木田教室の野地です。

皆さんは映画はお好きでしょうか?
私はよく映画を観ます。映画は2時間という時間で様々な感情が
入り交じりますよね。たった2時間なのに涙が出たり笑ったり・・・
映画を作る方を尊敬してしまいます。

先日、八木田教室でも映画鑑賞をしました。
今回はみんなの意見を集め、ドラえもんの映画を観ましたよ。

ところで皆さんは映画のお供といったら何を思い浮かべますか?
チュロスにドリンクにホットドッグ・・・
たくさんありますが、多くの方はポップコーンを思い出すのではないでしょうか?

今回、八木田教室では映画鑑賞のお供に自分たちでポップコーンを作りました。

ポップコーン作り&映画鑑賞会♪/福島八木田教室 自分たちでポップコーンの種を袋から取り出し、お皿にあけます。
このときからすでに「ポップコーン楽しみだな」と色んな子から声が上がります。

自分で作るとなると、楽しみが倍増しますよね。
電子レンジに入れるとどんどんポップコーンが音をならしながら膨らみ、
その様子を子ども達も興味津々に眺めていました。

ポップコーンが出来上がると、塩とキャラメルをかけて、
お手製ポップコーンの出来上がりです。

ポップコーンを自分のお皿に取り分ける際、
自分のお皿に分けられるのを、まだかまだかと前のめりになる子ばかりでした。

ポップコーン作り&映画鑑賞会♪/福島八木田教室 自分の目の前にポップコーンと飲み物をセッティングして、
準備は万端!
楽しみにしていた映画鑑賞のスタートです。

映画は皆大好きドラえもんです。
鑑賞中は笑い声あり、固唾を飲んで観るシーンありと、
楽しい時間を過ごせたようでした。

終わった後は「楽しかった!」「また見たい!」と
大満足の様子でした。

次回のリクエストも子どもたちから声が上がったので、
また鑑賞会を開こうと思います!


2022年07月16日

ハッピーな気分♪/福島八木田教室

こんにちは!福島八木田教室の野地です。

皆さんはHAPPY HAPPY CURYYさんをご存じでしょうか?
HAPPY HAPPY CURYYさんは未来ある子どもたちのために
カレーを無償提供されています。

今回ミライムでは2回目の無料提供をして頂きました。

皆教室に入るなり、「今日はカレーだよね?」とカレーをとても楽しみにしている様子でした。

今日のお昼はカレーというだけで午前中の活動を
頑張っていた子どもたち。
カレーってなんでこんなにうきうきするんですかね。
わたしも小さいころはカレーというだけで家までの帰路が
少し違って見えました。

ハッピーな気分♪/福島八木田教室 スタッフがカレーを持ってくると、
待ってましたと言わんばかりの笑顔で出迎え、
「カレーきた!」と喜ぶこどもたち。

手洗い、台拭きをしっかりとすませると、
良い姿勢になっていただきますの挨拶をしていました。

どの子も大きな口をあけてカレーを頬張っており、
HAPPYな気分になっていましたよ♪

カレーを美味しくいただいた後は、HAPPY HAPPY CURRYさんに向けて
お礼の手紙を書きました。

今回カレーを提供して頂いたHAPPY HAPPY CURRY様、
子ども達が笑顔になるようなカレーをご提供いただき、ありがとうございました。

子どもたちが優しい気持ちであふれるような人に育っていけるよう、
スタッフ一同子ども達に全力で関わっていこうと思います!




このページのトップへ

Copyright © 株式会社ミライムフォーラム All rights reserved.