2021年03月31日

卒業生からの手紙/福島西教室

卒業生からの手紙/福島西教室 こんにちは。西中央教室の芳賀です。

3/20(土)はミライム卒業式を行ったお子さんの、最後の利用日でした。
入室してからすぐに、「先生明日から仕事が始まります」と少し緊張した表情で報告がありました。
スタッフより、「実習でも頑張った場所だし、仕事内容も経験してるから自信をもって大丈夫だよ!」と伝えると元気よく返事をし笑顔を見せてくれました。

卒業生からの手紙/福島西教室 今日の活動は、公園に出かけたり、おやつにもちピザを作ったりと楽しい時間を過ごせました。

ミライムでの利用を通して、対人関係はもちろんのこと、おやつ作り等を通して、包丁の使い方など生活面での成長も感じることができました。

卒業生からの手紙/福島西教室 保護者様からは、『長い間お世話になりました。優しく見守って頂き、ほめてもらって、心も身体も大きく成長することが出来ました。ありがとうございました。』と素敵なお言葉をいただきました。
 
本人からも、『ミライムの先生へ、4年間お世話になりました。ミライムでの活動とても楽しかったです。4月から○○で働くので頑張ります。今までありがとうございました。』と手紙に奇麗な字で、社会人になるにあたっての決意が書かれていました。


私たちスタッフ一同、応援しております。


2021年03月27日

えっぱら祭り(運動療育)/福島西中央教室

えっぱら祭り(運動療育)/ 福島西中央教室 こんにちは。福島西中央教室の芳賀です。
西中央教室では、3/27(土)に東部勤労者センターにて『えっぱら祭り』に参加しました。
運動療育の講師として『えっぱら先生』をお招きし、子ども達もスタッフも時間の許す限り身体を動かしたり、目標にチャレンジしたりし、楽しい時間を過ごすことができました。

えっぱら祭り(運動療育)/ 福島西中央教室 短縄跳びチャレンジでは、1人1,000回に挑戦しました。
はじめは「え~!」と驚いていた子どもたちも、開始の合図で全集中!
目標達成に向けて一生懸命チャレンジしました。

えっぱら先生の教え方のポイントで、ただ1,000回を跳ぶのではなく、100回を10回に分けて跳ぶ。また100回跳ぶごとに黒板に〇をつけるという工夫がありました。

1,000回跳ぶという内容は変わりませんが、やり方や伝え方によって、「100回なら跳べそう」や「もう300回跳んだよ!(○の数を見て)」など、小さい目標を達成することで、達成感やモチベーションを上げながら行える工夫が感じられました。


えっぱら祭り(運動療育)/ 福島西中央教室 短縄跳びの後は、バランスボールを使ったドッヂボールをおこないました。
普段は転がしドッヂをしている子どもたちも、いつもと違うボールの使い方にドキドキしながら行うことができました。

子ども達もスタッフも真剣勝負で楽しみました!


2021年03月21日

ミライム卒業式/福島西中央教室

ミライム卒業式/ 福島西中央教室 こんにちは、福島西中央教室の芳賀です。

ブログが開始されたことで教室の様子を伝えていきたいと思います!
初めに紹介するのは、3月20日(土)に、高等部を卒業する利用者さんの卒業を祝う会を行いました。

卒業を祝う会の中では「卒業って何だろう?」「大人・社会人になるって何だろう?」などを子どもたちに質問しながら、大人になるために必要なことや心構えを伝えることができました。

ミライム卒業式/ 福島西中央教室 他のお子さんたちと「じゃんけん大会」や「ビンゴ大会」を行い、楽しい雰囲気の卒業を祝う会になりました。

ミライム卒業式/ 福島西中央教室 卒業するお子さんより、「自分は我慢することが苦手で、周りがふざけてしまうと注意してしまうことがあります。社会に出たら、自分で判断しないように気を付けたいです。」と実習での具体的な反省をもとに、今後の目標を話してくれました。

本人から、自分の苦手なことや成長させたいことの話を聞いたときに、ミライムでの活動を通して支援したことが成長につながったと感じ、スタッフ一同うれしく思いました。

ミライムを旅立ち、大きく飛躍することを願っております。




このページのトップへ

Copyright © 株式会社ミライムフォーラム All rights reserved.