2022年11月23日

2022 秋のえっぱら祭り/株式会社ミライムフォーラム

2022 秋のえっぱら祭り/株式会社ミライムフォーラム こんにちは。株式会社ミライムフォーラムの佐藤です。

今年のえっぱら祭りは11月21(月)~11月23(祝)の3日間で行われました。

1日目、午前の部は、東部勤労者センターホールにて江原先生によるスタッフを対象に座学を行いました。新しいスタッフも増えていることから、運動療育に必要な感覚とは何かを勉強させて頂きました。

バランス感覚
リズム感覚
距離感覚
反応感覚
操作感覚
連動感覚
切替感覚

この項目を2つ以上複合的に行うことで子ども達の感覚が養われ成長に繋がっていきます。


1日目、午後の部は。東部勤労者センターにて鎌田っこと八木田っこの合同で遊びまし
た。

1.イントロクイズ
2.テニスボールを使った遊び
3.スーパー転がしドッジ

イントロクイズでは、メロディが鳴ると直ぐに分かった子ども達は、障害物をどんどんクリアして答えていました。耳で曲名を聴きながら、瞬時に体を動かしていました。

テニスボールを使っての遊びでは、全員で20点(ボールを椅子や脚立を上ってマットに投げマットに乗せる遊び)とらないと次のステージに行けないと言うルールがあり真剣にテニスボールを投げていました。全員で20点獲得した瞬間は大喜びでした。

最後に、スーパー転がしドッジをしました。ホール全体を使ってが好きな人が外野、内野にわかれ、何度も何度も対戦していました。

2022 秋のえっぱら祭り/株式会社ミライムフォーラム 2日目、午前の部は、立子山自然の家の体育館で旭っこがエアブローとトランポリンで遊びました。
トランポリンは、スタッフと一緒に手を繋ぎ何回もジャンプしていました。高く跳べる楽しさを味わい喜んでいました。

エアブローに乗せて宙に舞う新聞紙やキャンディーボール、プラスチックボールを見て大興奮の様子でした。
子ども達は初めて遊ぶエアブローに興味津々。繰り返し新聞紙やキャンディーボールを飛ばすに大喜びでした。
笑顔が素敵でスタッフみんな癒されました。

2日目、午後の部は、青少年会館の体育館で鳥谷野っこ、西っこ、大森っこの3教室でサッカーで遊びました。
体育館に入るとたくさんのサッカーボールやキャンディーボールをゴールめがけてシュートする子ども達。かっこいいゴールも生まれ子ども達は大喜び。
最後に行った。子ども全員 vs 大人全員のサッカーはとても盛り上がり、本気でサッカーができました。勝ったチームも負けたチームも笑顔でした。

2022 秋のえっぱら祭り/株式会社ミライムフォーラム 3日目 祭りの最終日は、保護者様も混ざってのイベントを行いました。

えっぱら祭り FINALと題し

ステージ(1)→なわとビンゴ
ステージ(2)→スーパーイライラ独楽(コマ)回し
の2つで遊びました。

なわとビンゴは、名前の通りビンゴの数が出た分縄跳びを跳ぶと言う…とても単純でありながら体力のいる遊びです。

子ども達はもちろん、保護者の皆様、スタッフ全員がビンゴをするために100回、200回、300回、、、1000回と跳んでいました。全員が本気になり何かをすることって本当に素晴らし事です!!!

スーパーイライラ独楽(コマ)回しは、独楽を回せたら近くのスタッフを呼んで写真を撮ってもったり、ペットボトルキャップやお皿、跳び箱やお盆の上に独楽を乗せる遊びにもチャレンジしたりしました。
独楽を回すだけでなく、距離感も必要になってきました。
失敗すると悔しい表情を見せていました。おと
失敗した分、成功すると大人、子ども関係なく大喜びでした。
素晴らしい雰囲気でイベントが終わりました。


最後になりましたが、ご理解、ご協力していただきました保護者の皆様ありがとうございました。

そして楽しい時間を提供していただきました、江原先生ありがとうございました。

3日間という限られた時間ではありましたが、子ども達にとって、とてもいい思い出・体験、経験になったと思います。
江原先生、本当にありがとうございました!!!

次回3月に開催予定ですので、楽しみにしていてくださいね!!!


2022年11月23日

2022 秋のえっぱら祭り/福島西中央教室

2022 秋のえっぱら祭り/福島西中央教室 みなさんこんにちは!
福島西中央教室の塩谷です!

11月21日(月)から23日(祝)の3日間、
スポーツファクトリースキップのえっぱら先生こと江原直紀氏をお呼びして『えっぱら祭り』を開催しました!!!

福島西中央教室は
11月22日(火) 福島県青少年会館
11月23日(祝) 立子山自然の家
の2日間、えっぱら祭りに参加しました。

さて、どんな祭りだったのかのぞいてみましょう!

2022 秋のえっぱら祭り/福島西中央教室 まずは、11月22日(火)福島県青少年会館です。

ここでは、サッカーボールにキャンディーボール、バランスボールなど
みんなでいろんなボールを蹴りました!

世の中は、『2022 FIFAワールドカップ』
この中から未来のサッカー選手になるのはだれか!!

そんな淡い期待も持ちつつ、、、。

いつも教室内では「手で転がしている」転がしドッジボールも、今日はスペシャルverです!
足で蹴って転がしていきます!
こちらの体育館は、ボールを蹴ってもOKだったこともあり普段できないサッカーも子どもたち対スタッフで対決することができました!!
大人達…本気で勝ちを狙いに行きました(^^)/
結果~大人勝利!!(*^^)v

2022 秋のえっぱら祭り/福島西中央教室 3日目、11月23日(祝)立子山自然の家では、
えっぱら先生から、子どもから大人までみんなで楽しめるものを紹介していただきました。

その名は、、、
『なわとビンゴ』と『スーパーイライラ独楽回し』になります!!

なわとビンゴは、
ビンゴをして出た目の数だけ縄跳びを跳びます。
自分のビンゴカードにその数字があればラッキー!
「えぇ~75回も跳ぶの?」そんなことを言いつつもしっかりと跳びきるところが福島西中央教室のいいトコロ!

スーパーイライラ独楽回しは、
ただ独楽を回すのではありません!
なんと、跳び箱・お盆・お皿・ペットボトルのキャップ・レゴめがけて独楽を回していきます。
無理難題に諦めるのかと思いきや、時間ギリギリまで頑張る姿が!
お盆めがけてずっっっとひたすらに独楽を投げていました!

つい夢中になり時間を忘れる遊びを紹介してくださりありがとうございます。
学んだことを生かして日々の療育につなげていきます!

えっぱら先生、3日間ありがとうございました!!!


2022年11月23日

2022 秋のえっぱら祭り/福島大森教室

2022 秋のえっぱら祭り/福島大森教室 こんにちは。福島大森教室の宍戸です。
11月21日~11月23日の3日間は、運動療育講師の江原直紀先生をお招きし、
【えっぱら祭り】を開催いたしました!

この日を楽しみに待っていたお友達も多いのではないでしょうか?

大森教室のお友達は2日目の11月22日と3日目の11月23日に参加してきましたよ!


どんな運動療育だったのか、さっそく紹介していきます!

2022 秋のえっぱら祭り/福島大森教室 11月22日は平日ということもあり、学校終わりに直接青少年会館の体育館へ!一時間程になりましたが、広~い体育館で[サッカー]と[転がしドッチボール]を楽しみました!

まずは好きなようにゴールにボールを蹴っていきます。こんなに思いっきりボールを蹴れることは中々ないので、子どもたちは大喜び!自らゴールキーパーになったり、お友達同士で声を掛け合いながら、サッカーを楽しみました。

続いては転がしドッチボール!何度かやったことがあるお友達も多いはずです。
しかし今回は、手を使わないで足で蹴る転がしドッチボールでした。バランスボールだけではなく、キャンディボールやサッカーボール。いろんな所からボールが転がってきて大変!
なかなか内野のお友達に当てられず、悔しい表情をするお友達も…。

最後はスタッフ対こどもでサッカーをしました。2点取ったほうが勝ちという事でした。
どちらが勝利したのでしょう?
結果は2-1…子ども達と全力で戦ったスタッフチームの勝利でした(笑)

短い時間でしたが、みんな楽しんでいましたね♪

2022 秋のえっぱら祭り/福島大森教室 11月23日は、全教室合同で立子山自然の家の体育館で行いました。、午前の部と午後の部に分かれての開催でしたが、一日参加したお友達もいましたよ。

この日は、[縄とびンゴ]と[コマ回し]を行いました。

縄とびンゴは、ルーレットとビンゴカードを用意し、ルーレットを回して出た数の分だけ縄跳びを飛びながらビンゴを目指すというものです。「うわ~、75回!?」「よし、3回だ~」「先生ビンゴです!」と様々な声が聞こえてきます。

後からお聞きした話ですが、これには、これから学校で行われるであろう縄跳び大会に向け、『跳びながら回数を数えられるようになる』というねらいがあったとの事。スタッフも、えっぱら先生から学ぶことがたくさんありました。

コマ回しでは、それぞれコマを持ち、ひたすらに練習練習…。
始めは回すことができなかったお友達が、何度も練習し上手に回せるようになって大喜び!

なんと!お盆やペットボトルのキャップの上で回せたお友達も!
「できないからやりたくない」と言っていたお友達も、他の子が楽しんでいる姿を見て、練習したらコマを回すことができ、大きな自信に繋がることができました。

子ども達の一生懸命運動している姿、頑張ってチャレンジする姿は、とてもかっこよかったです!
久しぶりに、えっぱら先生に会えて、子どもたちは嬉しそうで、楽しい【えっぱら祭り】になりましたね。

えっぱら先生、3日間ありがとうございました!
またお待ちしております!


2022年11月23日

2022 秋のえっぱら祭り/福島鎌田教室

2022 秋のえっぱら祭り/福島鎌田教室 こんにちは。福島鎌田教室の古内です。

タイトルにもあるように、えっぱら祭りが11月21(月)~11月23(祝)の3日間行われました。

鎌田教室のお友達は、1日目の午後と3日目の参加でした!!

1日目は平日なので、子どもたちは学校の日です。
学校が終わってから、えっぱら祭りスタートでした(^^♪
この日は、東部勤労者センターで行いました。
送迎利用の子どもたちは、「今日のえっぱら祭り何やるの~?」と楽しみな様子。
到着するまで、みんなテンションマックスで賑やかな車内でした!(^^)!





2022 秋のえっぱら祭り/福島鎌田教室 到着すると、荷物を置いて、体育館へ(^^)v

えっぱら祭りスタートです!!

ゲームは3つ行われました。

1つ目は.....音楽レクリエーションです♪
ルールはピアノ演奏を聴いて、曲名が分ったら、フラフープをジャンプして渡ったり、紙コップにボールをのせたりして回答者スペースに向かいます。
曲が分かると、みんな必死になって進んでいました。回答権を勝ち取った子は自信満々に曲名を答えていましたよ。

2つ目は......ボッチャに似た運動です。
ルールはマットの上にテニスボールをのせていき、マットにのらなかったボールは自分でボールを拾いにいきます。
普段は上ることがない脚立を上ってボールを投げたり、椅子の上に上がって投げたりしました。
どの子も一生懸命マットを狙ってボールを投げていました。

3つ目はなんと......みんなが好きな転がしドッチボールでした(*^▽^*)
「転がしドッチ」の言葉を聞いた瞬間、「イエーイ」と盛り上がる子どもたちでした。
いつも教室で行っているルールとは違い、今回は外野もボールもたくさんです。内野の子は、逃げるのに必死でした。

どの活動も、とても盛り上がりましたよ!!

2022 秋のえっぱら祭り/福島鎌田教室 11月23(祝)は立子山自然の家にてえっぱら祭りを行いました。

「縄とびンゴ」と「コマ回し」を行いました。

縄とびンゴは、スタッフが持っているルーレットを回し、出た数の分だけ縄跳びを跳び、なおかつビンゴカード開けていくものです。

「先生、68でたよ(泣)」「やった4!」「跳び過ぎて足がしびれた」等、色々な子ども達の声を聴くことが出来ました。どの子も、楽しんで取り組み、最後まで諦めない姿勢がとても良かったです!
後からお聞きした話ですが、これには、これから縄跳び大会が行われる為、「跳びながら回数を数えられるようになる」というねらいがあったようです。

コマ回しでは、初めてのお子さんも、繰り返し練習し上手に回せるようになったり、回せるお子さんはレベルアップし、お盆やペットボトルのキャップの中に入れたりと挑戦する姿が多く見られました。
「できないからやりたくない」と言っていたお子さんも、えっぱら先生やスタッフのアドバイスを聞き、繰り返し挑戦することで、「まわせた!」「できた!」と成功体験を積み、大きな自信に繋がることができました。

次回のえっぱら祭りも、楽しみにしていてくださいね(^^)/~~~


2022年11月23日

2022秋のえっぱら祭り/福島旭町教室

2022秋のえっぱら祭り/福島旭町教室 こんにちは。福島旭町教室の岡崎です。
11月に入り、寒さが増してきましたね。そんな中、11月21日~23日の3日間、えっぱら祭りが行われました。

その3日間のうち、旭町教室のお子さんは22日にえっぱら先生に遊んでいただきました。

2022秋のえっぱら祭り/福島旭町教室 見たことのない先生に、最初はきょとんとした顔の子ども達もあっという間にえっぱら先生の虜に♪

えっぱら先生が持ってきてくれたエアーブロワーで新聞紙やボールを飛ばして、大はしゃぎでした☆

トランポリンを使ってジャンプもしましたよ☆スタッフに手を取ってもらい高ーくジャンプ!両足を使い高くジャンプすることはなわとびや跳び箱を跳ぶ事にもつながるとえっぱら先生に聞き納得!どんどん跳ぶ動き、取り入れていきたいなと思いました☆

2022秋のえっぱら祭り/福島旭町教室 なかなか遊びに入っていけないお子さんにも楽しく声をかけてくださったえっぱら先生。おかげさまで参加したお子さん全員のニコニコ笑顔を見ることができました♪

えっぱら祭り、とても楽しい時間となりました。素敵な時間を与えていただきえっぱら先生に感謝です。ありがとうございました。

今回のお祭りで学んだことや楽しんだことを生かして、日々の療育現場でも今以上に楽しい時間と空間を作っていこうと思います。




このページのトップへ

Copyright © 株式会社ミライムフォーラム All rights reserved.