2021年11月27日

クッキング♪棒ギョーザ作り/福島鎌田教室

クッキング♪棒ギョーザ作り/福島鎌田教室 こんにちは!福島鎌田教室の齋藤です。

すっかり寒くなりもうすぐ雪が降ってきそうな感じの天候が続いていますね。食欲は秋だけではなく冬になっても続くので(笑)熱々の棒ギョーザを作るクッキングを楽しみにしていた子達が沢山いました。

ミライムキッズアカデミーではお昼ご飯を食べた後、お腹を休める為にムービータイムを設けています。その後に運動で体を動かしお腹を空かせてから、お楽しみのメインイベントの棒ギョーザ作りのクッキングを行いました。

今回は2チームに分かれての調理となりました。

手をキレイに洗った後にビニール手袋をして、いよいよクッキング開始です。

クッキング♪棒ギョーザ作り/福島鎌田教室 クッキングの担当スタッフから材料や作る手順がプリントされた用紙をチームごとに渡され、まずは何が必要なのかをチームの皆で話し合いました。

今回はキャベツやニラがみじん切りされた状態でパッケージされている物を使ったので包丁や、まな板は使わずにボールの中で材料を混ぜて餡を作り、ギョーザの皮の真ん中に餡を置いて畳むだけの本当に簡単に出来る作り方でした。

子ども達が作る様子を見ていると様々で、お手本通りに作る子。クレープみたいになってる子。普通のギョーザの包み方で上手に作る子。等、個性溢れるギョーザ達がホットプレートに並べられました。

クッキング♪棒ギョーザ作り/福島鎌田教室 出来上がりを待つ間に片付けやお皿など今度は食べる準備です。

待っていると美味しそうな匂いがしてきました。蒸す為に少し水を加えるとより一層美味しそうな匂いが(笑)もう待ちきれない様子でした。

ギョーザを作る野菜の匂いが苦手な子がおり、違う部屋にいましたが焼きあがった美味しそうな匂いに誘われてどうしても食べてみたくなり『僕も食べます‼』と言って皆と一緒に美味しく食べる事が出来ました。

出来上がったギョーザはとても美味しそうで、実際に食べた子ども達から『美味しいです‼』『今まで食べたギョーザの中で2番目に美味しい‼』等、たくさんの嬉しい言葉を聞くことが出来ました。

補足ですが【一番に好きなギョーザ】は、やはりお母さんの手作りギョーザだそうです。

手軽に加工品や冷凍食品も食べれる時代ですが手作りは良いですね。

ミライムでは食育も取り入れながら楽しい活動をこれからもしていきたいと思います。ごちそうさまでした。




このページのトップへ

Copyright © 株式会社ミライムフォーラム All rights reserved.