2022年07月09日

風鈴♪を作ったよ/福島鎌田教室

風鈴♪を作ったよ/福島鎌田教室 こんにちは。福島鎌田教室の本田です。

今日は【風鈴】作りの様子をお伝えしていきたいと思います。

[風鈴]→[夏]→[軒下]
こんな風に連想していくと、なんだか風鈴と聞いただけで涼しくなってくるような気がしませんか?
しかも!無地のガラス風鈴が100円ショップで買えるなんて…OH!ワンダフル♪
紐も短冊も付いているのには驚きです。
今回は小ぶりのサイズをチョイスし、工作に参加するお友達の人数分を購入してまいりましたよ。

風鈴♪を作ったよ/福島鎌田教室 用意するものはカンタン!
ガラス風鈴・パレット・アクリル絵の具・絵具筆・筆洗い用の水・新聞紙です。

「ガラス製品のため取り扱いには気をつけましょう」と、スタッフから注意事項の説明を受け作業を開始していきました。
ちなみに前回のスライム作りでの失敗を繰り返さないためにも、床とテーブルにはしっかりと新聞紙を敷き、汚れ対策を十分にしております。

「何を描こうかなぁ…なんでもいいの?」
「筆でなんて描けないよ」
「マジックでもいいですか?」
「うわぁー間違いました。どうやって消したらいいですか」

いろいろと悩んでいるお友達があちらこちらに。。


風鈴♪を作ったよ/福島鎌田教室 簡単なようにみえて結構難しいものなのだと知った初めての風鈴作り。
それでも、作っている時のこども達の表情や、完成品を眺めていると「やって良かった」という満足感にも似た気持になるのは何故なのでしょう?

「見て見て!」
「ねぇねぇこんな風にできたよ」
「わたしの可愛いくない?」

などなど。。
こども達の嬉しそうな顔…きっとそれが答えなのですね。

夏休みももうスグソコです。
こども達の笑顔のために、これからも頑張るぞー!!


2022年06月25日

センサリーボトルを作ろう!!/福島鎌田教室

センサリーボトルを作ろう!!/福島鎌田教室 こんにちは。福島鎌田教室の高野です。

本日、鎌田教室では『センサリーボトル』作りをしました!

『センサリーボトル』とは別名「安らぎのジャー」「魔法の瓶」とも言います。その名の通り、ペットボトルとラメなど簡単な物で心の怒りを静めることができる物だそうです。

「どうやって怒りを鎮めるのか?」
センサリーボトルの中にはラメなどキラキラしたものが入っている為、そのペットボトルを振るとキラキラが揺らめき、子どもの注意関心を惹きつけ、怒りで満ちた心を静めることが出来ます。

その『センサリーボトル』を本日は鎌田教室の子ども達で作りました!

センサリーボトルを作ろう!!/福島鎌田教室 『センサリーボトル』を作る時に用意するものは、空の透明のペットボトル、その中にあるビーズやラメ等、水、洗濯のり、ビニールテープだけです!

簡単な材料、簡単な作り方で作れるため子どもと一緒に作ることができます!

今回、鎌田教室の子ども達はラメでキラキラにしたり、デコレーションボールを入れたり、ビーズに使うものを入れてみました。

人それぞれデコレーションが違く、とても個性が出ていましたよ。いっぱい入れてデコレーションをしたり、自分の好きな物を少しだけ入れてみたり…
いろんな『センサリーボトル』ができていました!

デコレーションをペットボトルに入れる時にバラバラと机や床にこぼす子がたくさん…あらかじめ新聞紙をひいておいて正解でした。それでも新聞紙が無い所にこぼす子もたくさん…床がキラキラになってしまう場面も。

そのあとはちゃんと自分の使ったところを掃除しました!

センサリーボトルを作ろう!!/福島鎌田教室 『センサリーボトル』はあっという間に完成!
みんなワイワイと楽しそうに作り、早い人だと2個目を作った子もいましたよ。

完成した『センサリーボトル』をみんなでフリフリしてお互いに見せ合っていました。「これ僕のー!見て!!」「キレイでしょ!?」など自分の作ったものを自慢して、とても満足そうでした。

お家でも振って楽しんでいるのかな~?


2022年05月25日

新聞紙を使って遊びました!/福島八木田教室

 新聞紙 を使って遊びました!/福島八木田教室 こんにちは!福島八木田教室の佐藤です。

新聞紙を使って遊ぼう』
福島八木田教室では、高頻度で新聞紙を使ってレクリエーションを行っています。

今回のレクリエーションはしっかりと身体構造や目線を意識した作業療法の目線から療育に取り入れた活動になっています。
スタッフの目線は・・・
(1)顔の向き(2)背中の向き、体幹(3)足のポジション(利き足をみる)
を観察しています。
子ども達は、楽しいから遊んでいる場面でもスタッフの目線は違うところにあります。

子ども達の力の入れ方、抜き方、体の動かし方、目線は?とミライムの作業療法士にアドバイスをもらい楽しく日々勉強をしています。

 新聞紙 を使って遊びました!/福島八木田教室 いつもは新聞紙に向かってパンチ!ですが、今回はキックも取り入れました。

小さい時は、テレビで仮面ライダーなどを見て、「自分もやりたい!」と目をキラキラさせたことはありませんか?

私も小さい頃はテレビの前で憧れた時がありましたね。今となっては足もなかなか上がりませんが…。という私の話は置いといて。


子供たちは一列に並ぶと、「もう行っていい?」とうずうずした様子で何度もスタッフに確認を取っていました。

そして、スタッフの「スタート!」という声に、順に新聞に向かってパンチしていましたよ!



新聞紙はなかなか破れず、何回もキックして新聞が破れます。

力加減って難しいですね。

でも、諦めずにチャレンジする姿は100点です!

自分の力で新聞が破れると、「やったー!」と喜んでまたパンチで更なる力を発揮している子どもたちが多かったですよ。

 新聞紙 を使って遊びました!/福島八木田教室 新聞が思ったよりも早く破られたので、破った新聞を丸めて掃除も兼ねた「玉入れ競争」を行いました。

どれだけ多く入れられるか。Aチーム、Bチームに分かれて行いました。

しかし、スタート前から自分の手元にいくつもの新聞紙を持っている子供たちが…

「手に持たない」というルールを再度教えて、勝負開始です。

「スタート!」という声に、一斉に入れ出し、玉入れ競争は秒で終わってしまったのでした。

でも、子供たちも楽しんでいたのを見て良かったな、と思いました。


また新聞紙で遊ぶ時も楽しみましょう。


2021年11月01日

ハロウィンパーティー!!/福島西中央教室

ハロウィンパーティー!!/福島西中央教室 こんにちは。福島西中央教室の高橋です。

10月30日は、みんなが待ちに待ったハロウィンパーティーでした。

東部勤労者センターにて、全教室合同で行いました!!

朝から子どもたちはワクワク!教室に着くと早速仮装をしたり、お顔にペイント

をしたりして気分も高まります!

ハロウィンパーティー!!/福島西中央教室 お昼ご飯を食べた後は、お出かけ説明をよく聞き、いよいよ東部勤労者センターへ出発です!!


到着すると、本格的に仮装をしてパーティーのはじまりです!!
鬼滅の衣装やドラキュラなど、思い思いの仮装をして楽しんでいるようでした。
スタッフも負けじと仮装をして参戦しました(^▽^)/

仮装を終えると、早速レクリエーションに参加です!

まずは、「しっぽ取りゲーム」と「新聞紙リレー」を行いました。

しっぽ取りゲームでは、しっぽを取られないようみんな必死に逃げ回っていま

したよ。とても盛り上がっていました。

たくさん体を動かした後は、お待ちかねビンゴ大会!!

早くビンゴにならないかな~とドキドキしていましたよ!

ハロウィンパーティー!!/福島西中央教室 最後はみんなでピニャータを割りました!

ピニャータが割れると、たくさんのお菓子が降ってきました!!

抱えきれないほどたくさん拾っていたお友だちもいましたよ。


次の大きなイベントはクリスマスですね。どんなイベントが開催されるか楽しみにしていてくださいね!








2021年10月30日

みんなでハロウィンパーティ!/福島大森教室

みんなでハロウィンパーティ!/福島大森教室 こんにちは、福島大森教室の高久です。

10月が終わり、今年も残すところ2か月となりました。だんだん今年も終わりへと近づいてきましたね。
10月30日に行われたハロウィンパーティも、思い出に残るイベントになりました!

今年のハロウィンパーティは、全教室合同での開催となり、子どもたちは各教室で思い思いの仮装をしてから、会場へ足を運んでいました。
大森教室でも爪や髪の毛をアレンジしたり、ハロウィンメイクをしたりと午前中から盛り上がってましたよ!

お昼をはさんで、会場に到着した大森教室のみんなは、さっそく黒板にイラストや文字でいっぱい飾り付けをしてくれました。にぎやかに彩られた黒板を見た子どもたちは、これからパーティが始まるんだとワクワク( *´艸`)

みんなでハロウィンパーティ!/福島大森教室 レクリエーションでは、教室対抗で新聞紙リレーやしっぽ取りゲームを行いました!
体を動かし、チーム対抗でレクリエーションをして大盛り上がり♪
素早いちびっ子たちを相手にして、大森教室の子どもたりも全力で体を動かし、負けていられないといった活発さを感じ取りました。


その後は、みんなでビンゴ大会(^O^)/
当たると景品がもらえる!となると、気合も入ります!
なかなか穴が開かないなあと苦戦している中、すぐそばで「ビンゴ‼」と手が上がりました…なんと、大森教室から一番最初のビンゴが出たのでした!
その後も続々とビンゴが増え、「本当に当たるのかなあ」と不安そうだった子どもたちの表情も、景品をもらうととても嬉しそうな様子でいっぱいでした。

みんなでハロウィンパーティ!/福島大森教室 ピニャータ割りでは「おやつがいっぱい貰える‼」と、みんな張り切って参加していました。
新聞紙の棒を片手に、お菓子がいっぱい詰まったピニャータを割るため、必死に叩きます!

ジャラジャラジャラ~~!!!

とたくさんのお菓子が降ってくると、みんな我、先にと自分の袋に詰め込み始め、まんまるに膨らんだ袋を大事そうに抱えていました(笑)

子どもたちから「楽しかったよ!」といった声をたくさんもらった今回のハロウィンパーティ。おかげさまで大盛況のうちに幕を閉じました!




このページのトップへ

Copyright © 株式会社ミライムフォーラム All rights reserved.