2022年08月18日

ミライム初!お泊り会/福島大森教室

ミライム初!お泊り会/福島大森教室 こんにちは!福島大森教室の宍戸です。

今回は、ミライム初となるお泊り会を行いました。前々から、子どもたちから、「お泊り会したい!」と強いリクエストや、スタッフからの強い思いもあり、今回初めて実施することとなりました。

毎年恒例の夜ミライムで、全教室合同で花火大会をした後、中高生メインで立子山自然の家に泊まりました。

この日は、午後から立子山へ行き、体育館のセッティングや、夜ご飯の準備を任され、大忙しです。

ミライム初!お泊り会/福島大森教室 まずは、夜ご飯作り!夜ご飯は、カレーを作りました!
全教室分のカレーとなると、とっても大量です。じゃがいも、にんじん、玉ねぎ班に分かれ、食材の皮をむき、食べやすい大きさにカットしていきます。
「私はこれやる」「僕はこれ」と、自ら率先して準備をしてくれていました。

レクリエーションは、綱引きと、夏と言えば!スイカ割り!!
大森教室のお友達は、大きい子が多いので、綱引きも余裕かと思えば、案外そうではなかったり…。スイカ割りも、ぐるぐるバットの後に行ったので、上手に割れなかったり…。

ですが、子どもたちの笑顔は、キラキラ輝いていました。

ミライム初!お泊り会/福島大森教室 ミライム初となる、お泊り会。スタッフも子どもたちも、不安な部分は多々あったと思います。


夜まで、友達同士で話したり、スタッフを交えて普段とは違う雰囲気の中話をしたり、楽しく過ごしていました。

立子山自然の家中に、子どもたちの話し声や、笑い声に溢れていて、本当に楽しい時間でした!

朝には、朝食作りとお片付け。館長さんにしっかり、「ありがとうございました。」と挨拶をし、教室へ帰って来ました。

お泊り会を通して、普段できないことを体験し、いい思い出となりました。

「楽しかった!」「また泊まりたい!」とリクエストがありました。
また来年も、お泊り会できるといいですね(^^)


2022年08月17日

ミライム花火大会/福島鳥谷野教室

ミライム花火大会/福島鳥谷野教室 こんにちは。福島鳥谷野教室の菅野です。

本日は夏休みの締めくくりである『ミライム花火大会』です!
朝から「今日は花火大会だね!」目をキラキラと輝かせている子ども達。
この日を子ども達は勿論、スタッフも心待ちにしておりました♪

楽しみにしているお子さんが居る半面、「何をするの?」と不安に感じるお子さんもいらっしゃいます。その際は、スタッフが個別ボードを作成、視覚的に分かりやすいように配慮しながら、ゆっくりスケジュール確認を行っています。


いよいよ会場に到着。まずはレクリエーションです!
レクリエーション第一弾は、合同イベント恒例である『綱引き』です♪

教室ごとに力を合わせて「よーいしょ!よーいしょ!」。見事勝利を収めます!
やはり、勝負事は白熱しますね・・・。みんな良い笑顔です!

ミライム花火大会/福島鳥谷野教室 レクリエーション第二弾は、夏の風物詩である『スイカ割り』です♪

一列に並ぶと、自分の順番が来るまできちんと待つ事が出来ている子ども達。ミライムでの日々の活動の成果が出ているように感じます♪

高学年のお友達が、自ら「目を瞑ってやってみる!」と申し出てくれました。
お友達・スタッフから「まっすぐ!」「右!」「左!」と声を掛けられながら、一生懸命チャレンジしています。会場が一つになっていると感じがします♪

スイカ割りが終わると、夕食タイムです。
今回も大森教室のお兄さんお姉さんが美味しいカレーライスを振る舞ってくれました。アツアツの具沢山カレーライス、とても美味しかったです♪

ミライム花火大会/福島鳥谷野教室 最後は待ちに待った『花火』です!

はじめは手持ち花火を楽しみました。暗闇の中キラキラと煌めく火花・・・目を奪われます♪
打ち上げ花火も素晴らしいスケールで、子ども達のリアクションもばっちりです!

予想以上の暑さの中でしたが、子ども達からは「カレーライス美味しかった!」「楽しかった!」「花火綺麗だった!」と話があり、大満足の様子でした。

締めくくりの『ミライム花火大会』が終わり、イベント盛沢山の夏休みも終了となります。寂しくもありますが、二学期への期待も膨らみますね!

今後も一人ひとりに寄り添いながら、また様々なイベントを企画していきたいと思います!ぜひご参加くださいね♪


2022年07月02日

福島鳥谷野教室&西部体育館に行こう♪/福島八木田教室

福島鳥谷野教室&西部体育館に行こう♪/福島八木田教室 こんにちは♪福島八木田教室の齋藤です!

今日の午前中は福島鳥谷野教室に遊びに行ってきました!

合同イベント等でお邪魔する事は度々ありますが学習をするなどの本格的なスケジュールは体験していないので子ども達は不思議な様子でした。(笑)

初めて福島鳥谷野教室に行く子もいて教室の広さにびっくりしていましたよ。

挨拶とアルコール消毒して入室です。直ぐに学習が始まり少し緊張気味でしたが集中して静かに取り組む事が出来ていました。



福島鳥谷野教室&西部体育館に行こう♪/福島八木田教室 運動の時間は【転がしドッチボール】でした。

福島八木田教室は教室自体が少し狭いので普段はレクリエーションという形で工作等をすることが多く、なかなか運動として体を動かす機会がありません。

なので子ども達が大好きな転がしドッチボールで、しかも福島鳥谷野教室のお友達と大人数で行えて凄く楽しそうな姿を見る事が出来ました。

福島鳥谷野教室VS福島八木田教室で戦ったり、男性スタッフ1人VS子ども達全員等、とても盛り上がりました。

お昼ご飯も皆で食べてお腹を休め、いよいよ西部体育館に出発です‼

福島鳥谷野教室&西部体育館に行こう♪/福島八木田教室 西部体育館に行くのが初めての子が多かったので皆わくわくです♪

体育館に到着すると福島大森教室の年上の子達が先に到着していました。

体育館の中は凄い暑さでしたので、熱中症にならないように水分補給と休憩をこまめに取りながらマスクも外して遊び始めました。

ボールで遊んだり、広い体育館の中を走り回ったりと、いつも見る事が出来ない姿と笑顔を沢山みる事が出来ました。

『暑い~‼』と言いながらも楽しみ、教室に戻ってから冷たいポッキンアイスを食べて体の中からも冷やしました。

たくさん体を動かせる機会を作って行きたいと思います♪


2022年06月25日

クレープ作り/福島八木田教室

クレープ作り/福島八木田教室 こんにちは!福島八木田教室の野地です。

最近ますます暑くなり、本当に梅雨入りしたのかという毎日が続いていますね・・・。

今日はそんな暑さに負けず、大盛り上がりだったクレープ作りの様子をお届けしていこうと思います!

今回はグループに分かれてクレープ作りをしました。
まずは生地を作るグループです。

卵を割るのに苦労していた子もいましたが、スタッフと一緒に割り方を確認すると、上手に割ることができていました!
(殻が入っていたことに気付かず生地を焼いてしまったのもご愛敬・・・)

牛乳・卵・ホットケーキミックスをボールに入れ、
分離しないように一生懸命混ぜます。
子どもたちにとってこれが意外と難しいんですよね。
でも美味しいクレープを作るため!
一生懸命混ぜ合わせ、クレープ生地の完成です!

ホットプレートに生地を流し込み、じゅーっと音がなり、
段々と焼けていく様子をまだかまだかと見守る子どもたちの目は
何とも言えないほど輝いていました♪

クレープ作り/福島八木田教室 次にクレープの中に入れる具材作りの係りです。
2人1組のペアになり、
缶詰を開ける係、ツナマヨ係、レタス係に分かれました。

スタッフがてんやわんやになっている中(笑)、
こちらのチームはあっという間に自分たちの仕事を済ませ、
生地が出来上がるまでの間、準備をする際に出た洗い物をしてくれたり、
まだ終わっていないチームの手伝いをしてくれました。

「終わりました!」「次何やりますか?」と
子どもたちからスタッフに声をかけたり、次の仕事を聞いてくれる姿も見られました!

背後から「早くたべたいな~」なんて声も聞こえましたが
もうちょっと我慢してもらって・・・

クレープ作り/福島八木田教室 生地も具材も全て準備が終わり、いざ自分だけのクレープ作りタイム!

それぞれクレープ生地を片手に、
「どれがいいかな」「この組み合わせも良いな」
と思い思いに具材を生地の上にのせていきます。

「先生の分も作ってあげるよ!」とスタッフ分も作ってくれる子もいました。

待ちに待ったクレープを大きな一口で食べ始める子どもたち。
自分で作ったので特別感もあり、ぺろりと食べきっていました。
おかわりはまた違うトッピングにしたり、
「美味しいね」とどこからも声があがったりと、
楽しい雰囲気の中クレープを美味しく頂きました。

食べ終えた後は自分の食器は自分で片付け、机も綺麗に拭いたりと、
後始末もしっかりとしました。

また一つミライムでの思い出が出来た一日となりました!


2022年06月25日

センサリーボトルを作ろう!!/福島鎌田教室

センサリーボトルを作ろう!!/福島鎌田教室 こんにちは。福島鎌田教室の高野です。

本日、鎌田教室では『センサリーボトル』作りをしました!

『センサリーボトル』とは別名「安らぎのジャー」「魔法の瓶」とも言います。その名の通り、ペットボトルとラメなど簡単な物で心の怒りを静めることができる物だそうです。

「どうやって怒りを鎮めるのか?」
センサリーボトルの中にはラメなどキラキラしたものが入っている為、そのペットボトルを振るとキラキラが揺らめき、子どもの注意関心を惹きつけ、怒りで満ちた心を静めることが出来ます。

その『センサリーボトル』を本日は鎌田教室の子ども達で作りました!

センサリーボトルを作ろう!!/福島鎌田教室 『センサリーボトル』を作る時に用意するものは、空の透明のペットボトル、その中にあるビーズやラメ等、水、洗濯のり、ビニールテープだけです!

簡単な材料、簡単な作り方で作れるため子どもと一緒に作ることができます!

今回、鎌田教室の子ども達はラメでキラキラにしたり、デコレーションボールを入れたり、ビーズに使うものを入れてみました。

人それぞれデコレーションが違く、とても個性が出ていましたよ。いっぱい入れてデコレーションをしたり、自分の好きな物を少しだけ入れてみたり…
いろんな『センサリーボトル』ができていました!

デコレーションをペットボトルに入れる時にバラバラと机や床にこぼす子がたくさん…あらかじめ新聞紙をひいておいて正解でした。それでも新聞紙が無い所にこぼす子もたくさん…床がキラキラになってしまう場面も。

そのあとはちゃんと自分の使ったところを掃除しました!

センサリーボトルを作ろう!!/福島鎌田教室 『センサリーボトル』はあっという間に完成!
みんなワイワイと楽しそうに作り、早い人だと2個目を作った子もいましたよ。

完成した『センサリーボトル』をみんなでフリフリしてお互いに見せ合っていました。「これ僕のー!見て!!」「キレイでしょ!?」など自分の作ったものを自慢して、とても満足そうでした。

お家でも振って楽しんでいるのかな~?




このページのトップへ

Copyright © 株式会社ミライムフォーラム All rights reserved.